BlueGrosso / ブルーグロッソのブログ

bluegrosso.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 24日

Blue Grosso 始動開始。。

f0165807_17541663.jpg
 久しぶりの投稿です。。 ブログ書かない間に、すっかり夏、毎日猛暑が続いてますね・・・・ 

 今年の3月以降、ブルーグロッソはLive活動をひかえて、充電期間としておりましたが、その間、ボチボチ曲作ったり、集まって練習したりで、ようやくライブ予定も決まりました。 ゆるいペースですが、今は新しい曲やアレンジなどメンバーで練っているところです。 始動開始です。
 
 
 月をテーマに数曲、作ってみました。 わりと穏やかな新曲が多いのですが、味付けの薄い立ち食いうどんや、夏のソーメンのように、食べてすぐ美味いと感じるものでなく、1週間後にまたどーしても食べたくなるような作風を目指し、作ってみました。(完全にオッサンの考え方ですね・・・) 勿論、カレーやハンバーグのような大味なものもLiveではやります。

 今回は原点回帰ってことで、今までにないくらいリハをこなし、ニシウラくん、四谷くんと3人でどの曲も入念に仕上がっています。 1曲のアレンジに答えなどはないのでしょうが、より答えに近い、ブルグロらしいモノにしたいですね。  昔から僕は曲は作りますが、アレンジに関しては、大まかな進行やリズムのみ伝えて、メンバーにお任せする方です。(ひどいときはリズムもコードさえもわかってないままメンバーに放り投げる事も多々あります・・・)
 それは僕が各楽器の知識や細かいフレーズやコード、音楽理論に詳しくないということもありますが、基本的にはメンバーを信頼しているというのが基盤になっているのだと思います。 もちろんセオリー通りの演奏も大切だと思いますが、ここに集まっているメンバーでしかたどりつけない個性というか、色彩の方がより、バンドのオリジナリティーに繋がると考えているからです。。 
 今のメンバーも1人1人、とても深くて豊かな、自分の色を持っているプレイヤーでして、彼らの発想や演奏の色、技術は僕の曲にとっても大きな財産。 もともと一緒にやりたいと思った時点で、彼らの色彩に惚れています。。
  それぞれの個性の色が殺しあわず、うまく1つの世界観に融合できたとき、人の記憶に残る表現ができるのだろう。。  実際、僕が見たいのは仲良しのお友達Liveではなく、地元で有名な方々のLiveでもない。。 才能が、花が、見たいのです。  

 先日、昔から大ファンの LOVE PSYCEDELICO のライブに行ってきました。久々に頭振りすぎて首痛くなる程カッコよかった。。ボーカルが声を出した瞬間に瞬殺です・・・・ どんなに練習しても、あの雰囲気、あんな声は出せません。。 まさしく 才能 を見た感じでした。
 結局のところ、生まれ持った個性に勝る才能はないと思い知らされました。。

 8月29日のフライングキッズでのLive、真夏の夜に月を表現したいと思ってます。お時間のある方は、ブルーグロッソの新境地を是非、見に来て下さい。 koike
[PR]

by bluegrosso | 2010-07-24 17:54


<< Flying Kids 投げ銭...      久々更新です! >>